STYLE PORT culture note

「空間の選択に伴う後悔をゼロにする。」をミッションに、住空間コミュニケーションプラット…

STYLE PORT culture note

「空間の選択に伴う後悔をゼロにする。」をミッションに、住空間コミュニケーションプラットフォーム「ROOV(ルーブ)https://styleport.co.jp/」を開発、提供するスタイルポートです。

リンク

マガジン

  • セールス&カスタマーサクセス

    スタイルポートのセールス&カスタマーサクセスのメンバーによるnoteです。

  • 社員インタビュー

    スタイルポートで活躍するメンバーのインタビュー記事です。

  • 働く環境・制度

    スタイルポートの働く環境や人事制度についてお伝えするnoteです。

  • エンジニア&デザイナー

    スタイルポートのエンジニア&デザイナーのメンバーによるnoteです。

  • クリエイター&ディレクター

    スタイルポートのクリエイター&ディレクターのメンバーによるnoteです。

最近の記事

  • 固定された記事

住空間のデジタルツイン『ROOV』で不動産業界のDXに挑む。スタイルポート誕生の軌跡とこれから

「不動産業界では本質的なデジタル活用が進んでいません。『ROOV』は不動産DXの壁を突き破るカギになるかもしれません」。そう語るのは、株式会社スタイルポート代表取締役の間所暁彦です。スタイルポートを起業するに至った経緯や、ROOVが生まれた背景、未来に向けて実現したい想いを、たっぷり聞きました。 「求められるほう」に向けてがむしゃらに進んだら、起業の道が拓けた——はじめに、スタイルポートを起業するまでの経歴を教えてください。 大学時代、就活で第一志望のマスコミから内定が出

    • 切磋琢磨しながら、「顧客ファースト」で営業する──スタイルポートで営業職を担うやりがいとおもしろさ

      「空間の選択に伴う後悔をゼロにする。」をミッションに掲げ、3D住空間コミュニケーション・プラットフォーム「ROOV」を提供するスタイルポート。 今回は、「不動産DXで業界を変えていくことにおもしろみを感じスタイルポートに入社した」と言う大久保と水野、2人のセールスパーソンに迫ります。 大学の学部、サークルの同期で、大手企業出身という共通点を持つ2人が、なぜ大手企業からスタイルポートに転職しようと決めたのか、スタートアップの営業職として感じるやりがい、おもしろさについて、じっ

      • より大きな目標をチーム一丸となって達成するために~スタイルポートが大切にしている価値観~

        こんにちは。 CFO兼経営管理グループのグループマネージャーを務めている小野田です。 今回のnoteでは、スタイルポートがより大きな目標をチーム一丸となって達成するための、組織と個人の成長を促進する仕組み(目標管理制度)についてお話ししたいと思います。 ”スタイルポートの組織に対する価値観”が運用面に現れているので、スタイルポートにご関心いただいた方は、是非「2. スタイルポートの組織に対する価値観」にある「💡価値観」を読んでいただけると嬉しいです。 1. 目標管理制度

        • 23下期OurValue大賞受賞インタビュー🏆マネージャー・技術者・研究者と3つの肩書をもつスーパーエンジニア

          こんにちは。 スタイルポート採用チームです。 今回は OurValue大賞 受賞インタビューです! 当社では半期に一度の全社総会で、当社のValueである「Be Innovative」「All For One」「Play Fair」を体現している方にOurValue賞を贈っています。 (雇用形態に関わらず、スタイルポートの全メンバーの中から、投票により選出しています) ▼OurValueについてはこちらから 2023年下期の全社総会では、それぞれのValueの賞に加

        • 固定された記事

        住空間のデジタルツイン『ROOV』で不動産業界のDXに挑む。スタイルポート誕生の軌跡とこれから

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • セールス&カスタマーサクセス
          STYLE PORT culture note
        • 社員インタビュー
          STYLE PORT culture note
        • 働く環境・制度
          STYLE PORT culture note
        • エンジニア&デザイナー
          STYLE PORT culture note
        • クリエイター&ディレクター
          STYLE PORT culture note
        • イベント
          STYLE PORT culture note

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          「第8回JAPAN BUILD TOKYO-建築の先端技術展-」セミナーにスタイルポートCTO木村が登壇 〜不動産業界の生成AI活用最先端についてディスカッション〜

           こんにちは。スタイルポートのCTO木村です。先日、「第8回JAPAN BUILD TOKYO」の中で行われたパネルディスカッションに参加してきました。本記事では、パネルディスカッションで私がお話した内容と、その場で話しきれなかった事について捕捉を交えて紹介いたします。 イベントについて第8回JAPAN BUILD TOKYO-建築の先端技術展 JAPAN BUILD TOKYOとは、建築・建設・不動産業界の課題を解決する最新の製品が一堂に出展する日本最大級の専門展示会で

          「第8回JAPAN BUILD TOKYO-建築の先端技術展-」セミナーにスタイルポートCTO木村が登壇 〜不動産業界の生成AI活用最先端についてディスカッション〜

          建築意匠設計の経験を活かし、VRディレクターへ【隣のスタイルポートさん 7つの質問 vol.5】モデリンググループ 西山 史晃さん

          こんにちは!スタイルポート採用チームです。 スタイルポートメンバーの横顔をお伝えする「7つの質問」。メンバーの人となりや、スタイルポートのカルチャーについて、知っていただく機会になれば嬉しいです。 vol.5となる今回のインタビューは モデリンググループで活躍する、VRディレクターの西山さんです。 大手建設会社から、スタイルポートへジョイン。 入社の決め手となったのは「魅力あるプロダクトと経営陣の発想の柔らかさと先見性」と話す西山さんに、スタイルポートでの仕事のやりがいや

          建築意匠設計の経験を活かし、VRディレクターへ【隣のスタイルポートさん 7つの質問 vol.5】モデリンググループ 西山 史晃さん

          「『ガラスの天井』を突き破り、ROOVを世の中に浸透させる」建築の専門家としてプロダクトを支える

          2023年1月に新バージョンをリリースした、スタイルポートの不動産販売支援ソリューション「ROOV walk」。大幅な画質向上や顧客の操作体感の向上、これまでの表現範囲を大幅に拡大したアリーナサイズの空間への対応など、プロダクトの可能性はますます広がっています。このバージョンアップのプロジェクトを統括してきたのが、ROOV立ち上げ期に建築の専門家として参画した取締役の中村幸弘。一級建築士でもあり、その経験を生かして「ユーザーにこれまでにない体験を届けられるようなソリューション

          「『ガラスの天井』を突き破り、ROOVを世の中に浸透させる」建築の専門家としてプロダクトを支える

          CG制作を通して人々の「住」に関する意思決定をサポートする——モデリンググループのシゴトの魅力

          スタイルポートのクラウド型VR内覧システム「ROOV」。そのVRコンテンツ制作を行っているのが、モデリンググループです。「エンタメ系のCGは人々に幸せを届けるという意義がありますが、当社はその手前の段階である、人として生活をするために必要不可欠な「住」の領域で、世の中の生産性向上を図っている会社です」。そう話すのは、モデリンググループのグループマネージャーで、3DCGデザイナーの三浦成人です。VRクリエイターやディレクターとしてスタイルポートで働く魅力や意義について、話を聞き

          CG制作を通して人々の「住」に関する意思決定をサポートする——モデリンググループのシゴトの魅力

          絶え間なく進化し続けるプロダクトづくりに欠かせないこと 【Engineer Unit合同研修 in 鎌倉#2】

          こんにちは、スタイルポート採用チームです。 前回のEngineer Unit合同研修 in 鎌倉 #1では、午前中に実施した「視座を高める」研修の内容をご紹介しました。 今回は午後の部の様子をお届けする、後編の#2です。 頭を使い、思考を巡らせる前編の研修とは少し変わりまして、頭を使わず、心を開放し、「今、この瞬間」に意識を向ける研修です。 プログラム3:マインドフルネス研修午後は、講師に鎌倉マインドフルネス・ラボの宍戸幹央さんをお迎えし、3時間たっぷり使ってマインドフ

          絶え間なく進化し続けるプロダクトづくりに欠かせないこと 【Engineer Unit合同研修 in 鎌倉#2】

          縁あって一緒に働くメンバーたちの市場価値を高めたい。不動産DX業界と会社の成長フェーズに関わるおもしろさ

          人が暮らしを立てていくうえで必要な「衣食住」のうち、不動産は「住」を担う大きなコンテンツです。「誰にとっても必要な『住』に関わるということは、世の中のすべての人に影響を与える仕事であるということ」。そう話すのは、株式会社スタイルポート、マーケティンググループ グループマネージャーの森下です。不動産を取り巻くDXの現状や、いまスタイルポートに参画することのおもしろさを、たっぷりと聞きました。 レガシーな業界に変化を起こすキッカケとなるサービスをつくる——はじめに、スタイルポー

          縁あって一緒に働くメンバーたちの市場価値を高めたい。不動産DX業界と会社の成長フェーズに関わるおもしろさ

          売り上げ20倍!?業界に変革をもたらす事業展開の実現に向けて視座を高める 【Engineer Unit合同研修 in 鎌倉#1】

          こんにちは!スタイルポート採用チームです。 普段はプロダクト開発を行うプロダクトグループと、CGコンテンツ制作を行うモデリンググループとして分かれて業務を行っている2グループが、エンジニアユニットとして1日研修を行いましたので、その様子を前編・後編に分けてお届けします。 Engineer Unit合同研修研修の趣旨 スタイルポートでは、高度な専門人材としての高い自律性と同時に、他との関係を重視し、より上位の成果を求める行動が求められます。 今回の研修では、特に他との関

          売り上げ20倍!?業界に変革をもたらす事業展開の実現に向けて視座を高める 【Engineer Unit合同研修 in 鎌倉#1】

          1人目経理!創業間も無くジョイン 【隣のスタイルポートさん 7つの質問 vol.4】 経営管理グループ 中垣 優奈さん

          こんにちは!スタイルポート採用チームです。スタイルポートメンバーの横顔をお伝えする「7つの質問」。 メンバーの人となりや、スタイルポートのカルチャーについて、知っていただく機会になれば嬉しいです。 vol.4となる今回のインタビューは 経営管理グループの経理マネージャー、ポジティブオーラを纏う、笑顔が素敵な「とにかく明るい中垣」さんにお願いしました。 【略歴】兵庫県出身。甲南大学経営学部卒業後、調剤薬局で事務職として勤務。不動産会社に転職し、経理としてのキャリアがスター

          1人目経理!創業間も無くジョイン 【隣のスタイルポートさん 7つの質問 vol.4】 経営管理グループ 中垣 優奈さん

          不動産のデジタル化で住宅の「メディア化」を目指す、スタイルポートの現在地

          「ROOVによってお客様の業務フローが変わったと聞くと、我々が提案したソリューションがお客様の事業の中にうまく組み込まれたんだと感じてガッツポーズが出ますね」。そう話すのは、スタイルポート取締役の堀井秀雄です。前職のコンサルティング会社で役員候補となるも、さらなる成長を求めてスタイルポートへ。将来的に、ROOVで住宅の「メディア化」を目指すと言う堀井に、スタイルポートの現在とこれからについて聞きました。 前職時代の盟友のビジネスセンスに賭けた——前職では20年以上コンサルタ

          不動産のデジタル化で住宅の「メディア化」を目指す、スタイルポートの現在地

          プロダクトデザインからCGクリエイターに【隣のスタイルポートさん 7つの質問 vol.3】モデリンググループ 柿沼良さん

          こんにちは!スタイルポート採用チームです。スタイルポートメンバーの横顔をお伝えする「7つの質問」メンバーの人となりや、スタイルポートのカルチャーについて、知っていただく機会になれば嬉しいです。 vol.3は、2023年度上期にMVP受賞した、モデリンググループの柿沼良さんです。 【略歴】高校生時代にものづくりへの関心からプロダクトデザインに興味を持ち、中央工学校インテリアデザイン科を卒業、美術造形企業に就職。企業からの発注を受け美術作品やテーマパーク造形物の制作に携わる。

          プロダクトデザインからCGクリエイターに【隣のスタイルポートさん 7つの質問 vol.3】モデリンググループ 柿沼良さん

          スタイルポートの成功秘訣:継続的品質(CQ)への挑戦

          こんにちは、スタイルポートの品質改善リーダーを務めている岡田です。今回は、当社が取り組んでいる品質を継続的に向上させるためのアプローチとその成果、すなわち我々の成功の秘訣についてご紹介します。 スタイルポートが大切にしていることスタイルポートは、品質を継続的に向上させるための原則を重視しています。それは一定のルールに基づいて作業を行うことで、品質の一貫性と持続性を保証することを意味します。 しかし、ルールが個々の作業者に依存していると、作業者の精神的な負担が増えることも理解

          スタイルポートの成功秘訣:継続的品質(CQ)への挑戦

          スーパーエンジニアが語る、ゲーム業界から不動産業界への転身と新たな挑戦

          子どもの頃からWebや3Dの技術に親しみ、ゲーム開発会社を経てDeNAへ入社。スタイルポートではプレイングマネージャーとして3D開発やフロントエンド周りの旗振り役を務めるYU氏。VR内覧システム『ROOV walk(ルーブ ウォーク)https://roov.jp/』の基幹部分の開発を担い、3Dエンジニアとして高い技術をもつ彼女がスタイルポートに転職を決意した決め手は何だったのか、ゲーム開発から不動産テックの領域へ飛び込んだ「いま」をどう感じているのか。じっくり話を聞きました

          スーパーエンジニアが語る、ゲーム業界から不動産業界への転身と新たな挑戦